胃潰瘍の初期症状とは?セルフチェック胃潰瘍

胃潰瘍のセルフチェック

胃潰瘍に罹った時には、一体どのような自覚症状があるのでしょうか?非常に気になっている人も多いことでしょう。

 

普段から激しい胃の痛みを伴うという人なら、知りたいものでしょう。もちろん、程度の差はありますが、胃潰瘍のなかで最も深刻なのが、みぞおちや右上腹部の痛みとなります。その他にも、食欲不振や胃の不快感等の症状を伴うことがあります。

 

潰瘍の状態がさらに悪化すると、吐血や下血といった出血症状が現れる可能性が高くなります。尚、出血の症状があまりにも酷い場合には、顔が青白くなり、ショック状態に陥ってしまう危険性があります。
以上、みぞおちや右上腹部に強い痛みを感じたら、胃潰瘍の疑いがあるということを説明しました。ここからは注意点として1点紹介したいと思います。

 

みぞおちや右上腹部に痛みを感じた場合、胃潰瘍以外の病気(十二指腸潰瘍、急性・慢性胃炎、胃ガン、潰瘍穿孔)の疑いがあります。

 

一方、右上腹部に痛みが走っている場合は、十二指腸潰瘍や急性肝炎、肝硬変、胆石症、胆のう炎の病気の可能性がありますs。

 

いずれにせよ、これらは命に関わる病気です。勝手な自己判断を行ったり、市販薬で難を逃れようとしたりする行動は、体にとっても良くありません。早いうちに病院へ足を運ぶようにしましょう。

ルテインに副作用は無い?

 

ほうれん草やカボチャのような緑黄色野菜にルテインが含まれています。人間の網膜や水晶体にも、このルテインは含まれていますから、ルテインを摂取して基本的に副作用が出てしまう心配はありません。また、野菜などから過剰摂取するくらいのルテインを摂取するというのは現実的ではないですから安心してください。

 

ただし、ルテインの副作用の心配がないのは、天然のルテインだった場合の話です。人間の手によって合成して作られたルテインの場合は、副作用の危険性も否定できません。合成のルテインを摂取しつつタバコを吸ってしまうと、癌を発症する危険性が高くなるという副作用が挙げられます。この他にも、合成ルテインを摂取したことによって、胸やけや嘔吐、吐き気などの副作用が出たという事例もあるのです。

 

野菜から摂取する分であれば問題はありませんが、サプリメントの場合、合成のルテインも多いですので、必ず製造方法や原料の確認をしましょう。そして、合成なのであれば、少し値段が高くなったとしても、天然のルテインが配合されているサプリメントを摂取することを推奨します。参考:ルテインサプリメント効果ランキング最新版

 

また、ルテインの効果を高めたいと思っているのでしたら、相乗効果が期待できる栄養素を同時摂取するといいでしょう。例えば、目の健康を維持したいのであれば、亜鉛やビタミンE、ビタミンC、ビタミンA、アントシアニンなどを同時摂取するようにしてください。いずれの栄養素も抗酸化作用を持っていますから、目の酸化や紫外線などから保護してくれます。

 

この他にも、アスタキサンチンといわれる成分も積極的に摂取しましょう。アスタキサンチンは、体の中でビタミンAに合成されて、目のサポートをしてくれます。また、抗酸化作用も持っていますから、活性酸素の働きを妨害し、体が美容の維持を果たしてくれやすくなります。

クラチャイダムの副作用を徹底検証

クラチャイダムというサプリメントをご存知でしょうか。様々な幅広い効果があるといわれて注目されているサプリメントですが、このクラチャイダムは非常に効果がある反面、副作用があるのではないかと不安になると思います。どういった副作用があるのかを事前に知った上で摂取するようにしましょう

 

では、目安量をしっかりと守った上で摂取した場合にどういった副作用があるのかというと、ほとんど何の副作用もありません。しかし、稀に胃に違和感を感じてしまうという方がいます。しばらくするとなくなりますので特に心配はいりませんが、不安な場合は病院に行きましょう。

 

また、クラチャイダムの副作用ではありませんが効果として保温効果がありますので、それによって汗が出やすくなるというものもあります。ですが、それはいい効果ですので気にする必要はありません。むしろ、冷え性な方などにとっては嬉しい効果になります。

 

ただ、過剰摂取した場合は話が変わってきます。これはクラチャイダムのサプリメントに関わらず、サプリメント、食品など全てにおいていえます。ただ、クラチャイダムを過剰摂取した際にどういった副作用があるのかというと、心拍数の増加や不整脈が起こる可能性があります。もちろん異常な量を摂取した際の副作用になりますので必ず目安量を守って摂取するようにしましょう。

 

もちろん過剰摂取をしても副作用が起こらない可能性が高いですが、こういう副作用があるという事だけは常に頭に入れおくといいでしょう。

更新履歴