ブルーライトが原因の睡眠障害とは?

トップページ > ブルーライトが原因の睡眠障害とは?

ブルーライトが原因の睡眠障害とは?

ブルーライトは見続けることで目、ないし体にも悪影響を与えてしまうおそれのある光ですが、存在自体は悪いものではありません。浴びる量によってはブルーライトには人体にもいいという側面があるのです。

 

そもそもブルーライトは、太陽光にも多く含まれています。人は太陽の光を浴びることによって体内時計を整えることができるのです。これによって朝、ブルーライトを浴びることで脳が覚醒し、活発的に活動できるようになります。そして日が沈みブルーライトを浴びなくなると脳が夜だということを認識して眠くなるのです。

 

太陽は人間が誕生するずっと前から存在しており、時計がなかった時代でも人は太陽の光によって朝を認識し、太陽が沈む事によって夜を認識し、眠るというサイクルを繰り返してきました。しかし、現代ではスマートフォンやパソコン、テレビなどを寝る直前まで使用することで、寝ようとしても脳は覚醒されたまま、なかなか寝付けない、睡眠障害に陥ってしまうのです。

 

心あたりのある方は寝る前のこうした機器の使用を出来るだけやめてみましょう。また出来るだけ朝は早く起きほどよく太陽の光を浴び、夜は遅くまでゲームをしたりスマートフォンをいじったりしないようにするという事が理想です。それが難しい場合には、せめてブルーライト低減のフィルムを貼るなどの対策をするようにすれば、人間の自然な生活リズムと、良質な睡眠を取り戻すこともできるかもしれません。