胃潰瘍の重さの種類

トップページ > 胃潰瘍の重さの種類

胃潰瘍の重さの種類

胃潰瘍は傷の深さに応じて、「T度」「U度」「V度」「W度」の4種類に分類することができます。ちなみに、傷が最も浅い状態を示しているのが「T度」、逆に最も深い状態を示しているのが「W度」になります。間違えないようにしましょう。

 

胃や十二指腸の壁は粘膜や筋肉の層により形成されています。胃潰瘍等の病気に罹ると、粘膜や筋肉の層の深いところまで傷を負ってしまいます。これら4タイプは傷の深さの違いによるものです。

 

まず、傷が最も浅いT度というのは、粘膜層のみが傷ついている状態を指します。続いて、U度を見ていきましょう。これは傷が粘膜下層にまで達している状態を指します。

 

さらに、「V度」では筋層にまで傷がついてしまった状態を指します。最後に、「W度」です。この段階になると、傷は漿膜にまで達してしまいます。ちなみに、これらの各段階が全て「潰瘍」に該当するとは限りません。

 

U〜W度は「潰瘍」に該当しますが、粘膜層のみが傷つけられたT度に関しては、「びらん」と呼ばれることがあります。

 

以上の通り、最も傷が深いのがW度になるわけですが、このW度よりもさらに状態が悪化した場合、「穿孔(せんこう)」と呼ばれる壁に穴ができてしまいます。

 

したがって、胃潰瘍の重症度を診断するうえで、「潰瘍がどの程度深く傷つけられているのか」を明らかにすることは非常に重要なのです。